ドクターシーラボ
ホーム » スキンケア » 保湿には油分が必要のまちがい|保湿効果のもっと高い成分は他にある

保湿には油分が必要のまちがい|保湿効果のもっと高い成分は他にある

「クリームでフタをして、水分を閉じ込めます」
という話を聞いたことはありませんか?MON_7865.jpg


でも、油分が作る膜には隙間があって、
水分が通り抜けることができるので、
実は、保湿の効果はあまり高くありません。


水分を保持する力が強いのは、
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分。

これらの成分をたっぷり補給してあげれば、
こってりしたクリームがなくても、保湿力は上です。


クリーム不要のオールインワンゲルが出ていますが、
成分表を見ると、保水力のある成分が入っています。
だから、クリームなしでも大丈夫なんですね。


保湿に油分は必ずしも必要なわけではないので、
オイリーなテクスチャが苦手な人は、
クリームより、ゲルを利用してみると良いですよ。


保湿にクリームが要らないのなら、
では、クリームの役割は何なのでしょう。


一つには、油分不足の肌にツヤを補う効果があります。

オイリー肌の人なら 必要ないかもしれませんが、
加齢とともに 皮脂分泌も減ってくるので、
ツヤがなくなってきたという人は、クリームを足してあげましょう。


もう一つの役割としては、
油溶性の美容成分の基剤として使われます。

油溶性の成分は、水には溶けないため、
化粧水には配合できません。


肌のハリ不足やシワに効果のある
ビタミンA、ビタミンE、レチノールなどは、油溶性。

これらの美容成分をプラスするために、
クリームを使うのなら、意味があります。


ただ、これだけだと、保湿が不足するかもしれませんので、
保湿成分配合のクリームかどうかは、確認しておきましょう。



トイザらス・ベビーザらス オンラインストア
タグ / 保湿 油分

Return to page top