ドクターシーラボ
ホーム » スキンケア » コラーゲンは皮膚から吸収できない|肌のハリは化粧品で改善できるの?

コラーゲンは皮膚から吸収できない|肌のハリは化粧品で改善できるの?

MON_7884.jpg

肌のハリを保つのは、真皮層のコラーゲン。
エイジングケアの化粧品にも 配合されることが多い成分ですが、
コラーゲンは 肌に塗っても 吸収されません。


肌に浸透したとしても、真皮に定着するわけではないので、
化粧品のコラーゲンが 肌のコラーゲンになる、というのは 勘違い。


コラーゲンには保湿効果があるので、
肌がうるおった分、ハリが感じられるようにはなりますが、
肌のコラーゲンを増やして、たるみ肌を改善するわけではありません。


じゃあ、化粧品で 肌のコラーゲンは増やせないの?


実は、効果がある美容成分は、コラーゲンとは別にあります。


そもそも、肌のコラーゲンが減少するのは、体内で作る能力が落ちるから。
コラーゲン生成を促す成分を補って、生成能力のテコ入れが必要です。


コラーゲン生成を促す効果がある成分が、ビタミンCやレチノール。
ビタミンは 肌に浸透するので、化粧品の成分として 有効です。


ただし、注意点としては、ビタミンCやレチノールは、
人によっては 肌が乾燥したり、荒れたりすることがあります。


スキンケアに取り入れる時は、
保湿をしっかりする、慣れるまでは 低濃度で使う、
などの対策をして 使うのが おすすめです。


トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

Return to page top