ドクターシーラボ
ホーム » 口元のしわ、たるみ » 口元のたるみは食事の時に作られる?ブルドック顔を防ぐ食べ方

口元のたるみは食事の時に作られる?ブルドック顔を防ぐ食べ方

ブルドック顔に影響するのは、噛む筋肉のたるみ。
この筋肉を1番使うのは、もちろん食事の時です。


普段 あまり意識することはないと思いますが、
食事する時に、どんな食べ方をしているか気をつけてみてください。


食べ物を、ほお袋にためて食べるクセがある人は、気をつけて。
これでは、たるむ方向に力をかけて、筋トレしているようなものです。


できるだけ、歯の並びの内側に 食べ物がとどまるようにして、
食べるようにしてみてください。


もう一つ気をつけたいのが、口の片方でばかり噛むクセ。


顔が左右でアンバランスになってしまう可能性もありますし、
食べ物を片方に寄せると、歯の外側に出てしまいがちです。


食べ物が中央に来るようにしようとすると、
左や右に寄った食べ物を 舌で かくはんするような動きになるので、
結果的に 左右両方で 噛む形になりますよ。


食事の度に、ブルドック顔が進むと考えると 怖くないですか?
いつもの食事の時に、ちょっと意識してみてください。


トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

口元のしわ、たるみに関連する記事はこちら

Return to page top